移住・定住促進住宅取得費等補助金について

公開日 2021年03月04日

更新日 2021年08月20日

 小樽市では、市外から転入し三世代での同居や近居を始める方を対象に、中古住宅(マンション含む)の購入や増改築等に要する経費を補助する制度を創設しました。制度概要は下記のとおりですので、申請を行おうとお考えの方は、本ページ下段の「小樽市移住・定住促進住宅取得費等補助金交付要綱」等を必ずご確認いただき、一度お電話でご連絡をお願いします。
※近居とは、下表に定める同一地区または隣接する地区に居住することです。

移住・定住促進住宅取得費等補助金地区割一覧移住・定住住宅取得費等補助金地図

補助金の概要について

補助対象事業

  • 中古住宅の購入
    ただし、補助金に関係する世帯員の三親等以内の者が所有するものを除く
  • 増改築またはリフォーム(以下「増改築等」という)の実施
    ただし、「小樽市バリアフリー等住宅改造資金融資条例(平成13年小樽市条例第3号)」の規定による融資を活用する場合を除く

※増改築等は、市内事業者による施工としてください
※小樽市住宅エコリフォーム助成規則の規定による補助金(以下「エコリフォーム補助金」という)と併用する場合は、エコリフォーム補助金にかかる工事個所および工事費と補助対象事業が明確に区分されていることが必要です

補助対象要件

  1. 子育て世帯または親世帯が市外から転入し、すでに市内に1年以上居住している子育て世帯または親世帯と三世代同居または近居を行う者のうち、補助対象事業に係る住宅の購入等の契約者
  2. UIJターン移住支援金(UIJターン新規就業移住支援事業)の受給者世帯のうち、補助対象事業に係る住宅の購入等の契約者

※子育て世帯とは、満18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者(出生予定の者を含む、以下「18歳未満の子」という)及びその父母(いずれか一方である場合を含む)等で構成される世帯
※親世帯とは、子育て世帯の父母等で構成される世帯

上記のいずれかに該当し、以下の1から7までのすべてに該当する場合

  1. 補助対象者の世帯員いずれかが補助対象事業にかかる住宅の所有者(予定を含む)であること
  2. 世帯員が、補助対象事業に係る住宅での居住を5年以上継続する予定であること
  3. 世帯員が、生活保護法の規定による保護を受けていないこと
  4. 世帯員が、すでに本補助金の交付決定済者の世帯員となったことがないこと
  5. 世帯員が、小樽市暴力団の排除に推進に関する条例(平成26年小樽市条例第19号)第2条第2号に規定する暴力団でないこと
  6. 世帯員に小樽市職員がいないこと
  7. 世帯員が、地域の町内会などに加入し、または加入する意思があること

補助額

中古住宅購入の場合

  • 基礎額30万円(中古住宅購入費用の2分の1に相当する額を対象とし上限30万円)
  • 未就学児がいる場合15万円加算
  • 18歳未満の子が2人以上いる場合、さらに15万円加算

増改築等の場合

  • 基礎額20万円(増改築等に要した費用の2分の1に相当する額を対象とし上限20万円)
  • 未就学時がいる場合10万円加算
  • 18歳未満の子が2人以上いる場合、さらに10万円加算

※未就学児とは、満6歳に達する日以後最初の3月31日までの間にある者(出生予定の者を含む)

申請時期等

補助金交付申請は、転入や物件購入、リフォーム等の実施前に行ってください。順番が異なると、補助を受けられません。なお、UIJターン移住支援金の要件に合致する方は、移住支援金と本補助金の申請のタイミングを合わせてご案内しますので、事前にお問い合わせください。

  1. 購入・増改築等の契約をする前に、補助金交付申請書(様式第1号)を提出
  2. 交付決定後に、購入・増改築等の契約締結・施工開始
  3. 転入
  4. 購入・増改築等に要した費用を業者へ支払い
  5. 完了実績報告書(様式第6号)を提出 ※補助金交付決定を受けた年度の1月末日までに提出
  6. 補助金額確定後に請求書(様式第8号)を作成し提出 ※完了年度の2月末日までに提出

申請書類等について

補助金対象者の要件を満たし、支給を希望される方は下記要綱等を確認の上、各申請書を小樽市に提出してください。

お問い合わせ

総務部 企画政策室 企画政策グループ
住所:〒047-8660 小樽市花園2丁目12番1号
TEL:0134-32-4111内線273
FAX:0134-22-6727
このページの
先頭へ戻る