小樽文化遺産ジャーナル(北海道の『心臓』と呼ばれたまち・小樽)

公開日 2021年03月19日

更新日 2021年03月19日

小樽にたくさんの魅力的な文化遺産があることは市民にも観光客にも知られていますが、個々の遺産のつながり、そして小樽はどんなまちなのかを説明するストーリーは必ずしも明確になっていませんでした。小樽市日本遺産推進協議会では、日本遺産認定を目指し、地域の歴史的魅力や特色をストーリーとしてまとめました。
子どもから大人まで、幅広い市民の文化遺産の認知度向上とシビックプライドの醸成、そして文化遺産を活用した観光誘客につなげるため「小樽文化遺産ジャーナル」を発行しました。(全3回)

小樽文化遺産ジャーナル

小樽文化遺産ジャーナルvol.1
「大動脈」、港と鉄道が生んだ小樽文化遺産

小樽文化遺産ジャーナルvol.01[PDF:1.01MB]

小樽文化遺産ジャーナルvol.2
小樽の「血液」と「骨格」、
北日本随一の経済都市の遺産を堪能する

小樽文化遺産ジャーナルvol.02[PDF:1.31MB]

小樽文化遺産ジャーナルvol.3
運河保存運動を経て、
文化と観光の「心臓」のまちへ

小樽文化遺産ジャーナルvol.03[PDF:1.34MB]

お問い合わせ

産業港湾部 観光振興室
住所:〒047-0007 小樽市港町4番3号
TEL:0134-32-4111内線266・267・450・451
FAX:0134-27-8600
このページの
先頭へ戻る