医療機関の方へ

公開日 2021年06月22日

更新日 2021年06月22日

結核患者発生時の届出

感染症法第12条に基づき、結核の患者や疑似症患者(結核を強く疑う場合)または治療が必要な無症状病原体保有者を診断したときは、直ちに(当日中に)最寄りの保健所長へ届け出ることが義務付けられています。

届出基準については、「結核の届出基準[PDF:183KB]」を御覧ください。

届出の際は、小樽市保健所へ連絡の上、届出様式「結核発生届[PDF:140KB]」をファックス(または持参)でお送りください。

結核患者の入退院時の届出

感染症法第53条の11に基づき、結核患者が入院したとき、または退院した時は、7日以内に最寄りの保健所長へ届け出ることが義務付けられています。

届出の際は、小樽市保健所へ、届出様式「入(退)院結核患者届出票[PDF:86.6KB]」をお送りください。

結核医療費の公費負担制度

結核の医療を受ける方が利用できる制度です。

公費負担申請に用いる申請様式「結核医療費公費負担申請書[PDF:309KB]」は、裏面が診断書となっていますので、主治医による記載をお願いします。

また、感染症法第37条の2に該当する場合は、小樽市保健所が書類を受理した日より公費負担が開始されますので、遅滞することのないよう御協力をお願いいたします。

結核指定医療機関の届出

結核指定医療機関の指定および指定事項の変更等の届出については、こちらを御覧ください。

 

お問い合わせ

保健所 健康増進課
住所:〒047-0033 小樽市富岡1丁目5番12号
TEL:0134-22-3117
FAX:0134-22-1469
このページの
先頭へ戻る