レジオネラ症とは?知っておきたい予防のための知識(家庭での予防)

公開日 2020年10月16日

更新日 2021年03月05日

皆様は、レジオネラ症をご存知でしょうか。
免疫力のない方を中心に感染し、深刻化すると 死に至ることもある恐ろしい感染症です。
そこで、このページではレジオネラ症の基礎知識と予防方法について解説 します。

レジオネラ症とは?

レジオネラ症とは、「レジオネラ属菌」という細菌によって起こる感染症です。
この菌がヒトの肺胞に到達すると、そこで増殖を繰り返し、肺炎などの症状を引き起こします。

この感染症の中でも、特に注意が必要な症状は「レジオネラ肺炎」です。
高熱や呼吸困難、吐き気、意識障害などを呈し、重篤化すると死亡するおそれもあります。

どのような方が感染しやすいの?

抵抗力の低い方が感染しやすいといわれています。
幼児や高齢者、ほかの病気にかかっている方は特に注意が必要です。

どのような場所が感染源になるの?

感染源になりやすいのは、次の3点の特徴がある場所です。

1.菌にとって快適な温度が保たれている

2.菌の住処となるヌメリ(生物膜)が形成されやすい

3.目に見えない細かな水滴(エアロゾル)を発する

これら3点を満たす循環式浴槽(24時間風呂)や加湿器のタンク内は注意が必要といえます。

感染を防ぐためにはどうすればよいの?

ここでは、レジオネラ症の感染を防ぐための方法を「循環式浴槽」と「加湿器」の2つの原因別に分けて紹介します。

1.循環式浴槽をお使いの方へ

循環式浴槽を管理するときは、製品の取扱説明書に従って使ってください。
特に、次の3点については製品の種類に関わらず継続を心がけましょう。

循環式浴槽の衛生管理について

 

2.加湿器をお使いの方へ

加湿器の水タンク内にヌメリが一度できてしまうと、殺菌自体が難しくなります。
そこで、ヌメリが形成されないように次の3点の衛生管理を継続しましょう。

加湿器の衛生管理について

参考

お問い合わせ

保健所 生活衛生課
住所:〒047-0033 小樽市富岡1丁目5番12号
TEL:0134-22-3117
FAX:0134-22-1469
このページの
先頭へ戻る