児童発達支援等の利用者負担の無償化について

公開日 2020年11月11日

更新日 2021年10月06日

 令和元年10月から、3歳から5歳までの全ての子どもの幼児教育・保育の費用の無償化に併せて、就学前の障がいのある子どもを支援するため、児童発達支援等の利用者負担についても無料としています。

 

無料となるサービス

  • 児童発達支援
  • 医療型児童発達支援
  • 居宅訪問型児童発達支援
  • 保育所等訪問支援

 

対象となる子ども

 無償化の対象となる期間は、「満3歳になって初めての4月1日から小学校入学までの3年間」です。

(無料となる対象者の具体例)

時期 対象者

令和2年4月1日

 〜令和3年3月31日

平成26年4月2日〜平成29年4月1日生まれの児童

令和3年4月1日

 〜令和4年3月31日

平成27年4月2日〜平成30年4月1日生まれの児童

※小樽市から支給決定を受けている方(緑色の受給者証をお持ちの方)が対象となります。

 

手続き

  • 無償化に当たり、新たな手続きは必要ありません。
  • ご利用の障害児サービス事業所等との間で、年齢を伝えるなどして、無償化対象であることを事前にご確認ください。

 

留意事項

  • 利用者負担以外の費用(医療費や、食費等の現在実費で負担しているもの)は、引き続きお支払いいただくことになります。
  • 幼稚園、保育所、認定こども園等と、上記サービスの両方を利用する場合は、両方とも無償化の対象となります。

 

児童発達支援等の利用者負担の無償化のチラシ[PDF:404KB]

お問い合わせ

福祉保険部 福祉総合相談室 障害福祉グループ
住所:〒047-8660 小樽市花園2丁目12番1号
TEL:0134-32-4111内線302・303・444
FAX:0134-22-6915
このページの
先頭へ戻る