補助犬を同伴したお客様を受け入れてください

公開日 2020年10月02日

更新日 2021年03月23日

身体障害者補助犬(補助犬)は、盲導犬、介助犬、聴導犬として、身体に障害のある方の生活を支えるために特別な訓練を受けた犬のことです。「身体障害者補助犬法」に基づいて補助犬に認定されており、活動時は補助犬であることを示すハーネス(胴輪)や胴着をつけていることでペット動物とは区別できます。

「身体障害者補助犬法」では、公立施設のほか、ホテルや旅館、デパート、飲食店など、全ての施設に対して補助犬を同伴した方の受け入れを義務付けています。使用者によって健康面や衛生面の管理が十分に行われている補助犬は、ペット動物と違って衛生上の問題を生じさせないことを理解し、補助犬を同伴するお客様の入店等を拒むことのないようにしましょう。

また、補助犬使用者以外のお客様に施設での補助犬受け入れを理解していただくためには、施設内でポスター等を掲示することで周知を図る方法があります。

 

<参考リンク>

身体障害者補助犬法(外部サイト:厚生労働省のページ)

身体障害者補助犬をご存じですか?(小樽市福祉部地域福祉課のページ)

 

補助犬以外のペット動物を理美容施設に入れることはできません。

お問い合わせ

保健所 生活衛生課
住所:〒047-0033 小樽市富岡1丁目5番12号
TEL:0134-22-3117
FAX:0134-22-1469
このページの
先頭へ戻る