〈小樽港要覧〉小樽港の国内・国外航路

公開日 2020年10月07日

更新日 2021年10月01日

沿革・自然状況港湾施設国内・国外航路港勢のページ港湾関係機関

外国定期航路・国内定期航路

令和3年10月現在

国内定期フェリー航路

 小樽港には、小樽と新潟、小樽と舞鶴を結ぶフェリーが就航しております。

 このフェリー航路は、昭和45年に第1船が小樽港に入港し、令和2年に就航から50年を迎え、現在も小樽港の主要航路として、貨物輸送及び旅客輸送において重要な役割を担っております。

 (参考リンク:フェリー就航50年を迎えて)

      

舞鶴←→小樽航路 新潟←→小樽航路
就航船名:はまなす、あかしあ 就航船名:らべんだあ、あざれあ

 航路の運賃・ダイヤなどについては、下記にお問い合わせください。

 新日本海フェリー株式会社小樽本店
 http://www.snf.jp/(外部サイト)
 〒047-0008 小樽市築港7番2号勝納ふ頭
  電話(旅客)0134-22-6191(代)
    (貨物)0134-27-1171

 

中国定期コンテナ航路

 2002年9月から、北海道と中国を結ぶ定期コンテナ航路が小樽と中国の上海、青島、大連との間に開設されています。

 また、上海でのトランシップによる、他のアジア地域や豪州、中東との協調航路も結ばれており、利用されるお客様へのサービス向上を図っております。

 小樽港は大消費地の札幌圏に隣接し、北海道の日本海側の港湾として最大級の貨物量を扱っています。また、冬でも波の影響を受けにくい天然の良港として古くから発展し、熟練した海運貨物取扱業者、万全のCIQ体制や充実した港湾施設を有し、高度でスピーディーな港湾サービスを提供しています。

    

 航路の運賃・ダイヤなどについては下記にお問い合わせください。

■船社・代理店

船社/神原汽船株式会社
http://www.kambara-kisen.co.jp/(外部サイト)
〒720-0396 広島県福山市沼隈町常石1083
 電話(本社)084-987-1500
   (東京)03-3264-8805

小樽代理店/ノーススタートランスポート株式会社
https://www.nstp.jp/(外部サイト)
〒047-0007 小樽市港町5番4号
 電話(本社)0134-22-5101

 

ロシア貨物船定期航路

 2021年5月から、北海道とロシアを結ぶ貨物船定期航路が小樽とウラジオストクとの間に就航しております。

 近年、極東ロシアでは経済成長が続いておりますが、対岸に位置する小樽港は地理的優位性があり、数多くのロシア貨物船が小樽港を利用しております。また、小樽港では、2015年以降、関係事業者と共にロシアを訪問してポートセールスを実施するなど、小樽港の安定的な利用や更なる貨物の増加に向けて取り組んでおります。

 ロシア貿易における小樽港での主要貨物は中古自動車や水産品であり、2019年の北海道港湾統計年報の集計では、北海道の港からロシアへ輸出される貨物の9割以上が小樽港での取扱いとなっております。 

 この定期航路は、月に2回程度の頻度で小樽港とウラジオストク港との間を運航しており、主要貨物は中古自動車や自動車部品など自動車関連の品目になりますが、中古自動車以外の貨物の取扱いも幅広く行っていく予定です。

 (参考リンク:小樽ーウラジオストク貨物船定期航路について)

   

 航路の運賃・ダイヤなどについては下記にお問い合わせください。

■運航社・代理店

運航社/JAPAN AUTO LINES
ロシア連邦沿海州ウラジオストク市
(日本総代理店/フェニックスジャパン合同会社)

小樽代理店/有限会社エッチアンドエスエーゼンシィー
http://hands-agencies.com(外部サイト)
〒047-0007 小樽市富岡2丁目5番6号
 電話(本社)0134-27-4000

 

関連記事

お問い合わせ

産業港湾部 港湾室 港湾振興課
住所:〒047-0007 小樽市港町4番2号
TEL:0134-32-4111内線7386・7387
FAX:0134-23-1109
このページの
先頭へ戻る