〈速報〉スプレーかん、使い捨てライターが原因のごみ収集車火災事故!!

公開日 2020年10月21日

更新日 2020年12月23日

 令和2年5月7日(木)午後2時10分頃、朝里川温泉1丁目付近でごみ収集車の火災事故がありました。

 ごみ収集車の火災事故が起きた日は「燃やさないごみ」の収集日で、ごみ収集車への積込作業中、「ポン」という破裂音と同時に炎と煙が出ました。

 新型コロナウイルス感染予防で外出自粛中、自宅の整理や掃除をした際に出たと思われる「燃やさないごみ」と一緒に、「スプレーかん」や「使い捨てガスライター」が混ぜて出されていたため、積み込んだ時に圧縮されて破損した「スプレーかん」のガスに、「使い捨てガスライター」の着火部分の火花が引火したのが出火原因と思われます。

 周辺住民の方々には、大変ご迷惑とご心配をおかけしました。

 なお幸い、作業員にけがなどはありませんでしたが、数千万円するごみ収集車の電気配線が出火により破損し、開閉操作ができなきなくなりました。

 安全にごみ収集を行うため、「燃やさないごみ」と一緒に「スプレーかん」と「使い捨てライター」は有料袋には絶対に入れないでください。

 「スプレーかん」「使い捨てガスライター類」等を出すときは、下記に書かれているルールを守り、決められたとおり出してください。

火災事故を起こしたごみ収集車

 ごみ収集車火災事故現場状況

 

出火原因
燃やさないごみに混入しているスプレーかん 混入していたスプレーかんと使い捨てライター 出火原因と思われる焼け焦げたスプレーかん
「燃やさないごみ」に入っていたスプレーかん 「燃やさないごみ」に入っていた「スプレー缶」「使い捨てガスライター」 出火原因と思われる焼け焦げた「スプレーかん」

 

 

スプレーかんやカセット式ガスボンベ類の出し方

出し方

  1. 中身を使い切る、または出し切る。
  2. 火の気のない戸外で穴を開ける。
  3. 透明または半透明の袋に、スプレーかんとカセット式ガスボンベ類のみを入れる。
  4. 「かん類の収集日」に出す。(収集日は地区により違います。お住まいの収集カレンダーを確認してください。)

 

使い捨てガスライター類の出し方

  • 出し方1

 使い捨てガスライター類を他のごみと一緒に袋の中には絶対に入れないでください。⇒(詳細は、使い捨てガスライター類の出し方のページをご覧ください。)
出し方は、中身を使い切って、透明または半透明で中身の見える袋に入れ、袋にライターと表示し、「燃やさないごみ」(青色)の有料袋の外側にすぐ離せる程度に縛るか、貼り付けて出してください。

  • 出し方2

 ガスライター類だけを「燃やさないごみ」(青色)の有料袋に入れ、袋に「ライター」と表示して、収集作業員がわかるように出してください。

 

火災の原因となる、その他のごみ

スプレーかん、使い捨てガスライター類の他にも火災の原因となるものがあります。ルールを守り適正に処理してください。

  • 小型充電式電池⇒電器店、販売店等の回収協力店にお問い合わせください。

 ※回収協力店は「一般社団法人JBRCのホームページ」をご覧ください。(外部サイト)

  • 燃料(ガソリン、灯油等)⇒購入店、販売店にお問い合わせください。
  • 燃料の残ったままのストーブ⇒粗大ごみにならないものは、燃料を抜いて「燃やさないごみ」
  • 燃料の残ったままの容器(ポリタンク等)⇒燃料を抜いて「燃やさないごみ」
  • ガスレンジ⇒粗大ごみにならないものは「燃やさないごみ」

お問い合わせ

生活環境部 ごみ減量推進課
住所:〒047-8660 小樽市花園2丁目12番1号
TEL:0134-32-4111内線323
FAX:0134-32-5032
このページの
先頭へ戻る